私が肩こりを解消した方法!

7年間悩み続けた肩こりを解消した方法!

肩こりで悩んでいるイメージを女性スタッフでイメージして撮った写真。

 

管理人である筆者は、ウェブライターという仕事柄、
肩こりとは切ってもきれない仲でした。
また、全職のアルバイトでも忙しい飲食店の
仕込みやらなんやらで、肩こりがひどかったです。

 

合わせるとかれこれ7年は、憎っくき肩こりに悩まされていました。

 

本日は、そんな筆者が肩こりを改善した方法を
シェアしたいと思います。

 

デスクワーカーから家事・育児に忙しい主婦の方まで、
参考にしていただき、少しでも多くの人の肩こりが
改善できたら幸いです。

 

はじめに、筋トレとランニングを始めた!

 

肩こりの原因を調べると血流の流れが悪いことで
肩辺りが、凝り固まって痛くなるというから、
運動するといいみたいなことを聞いたので、パッと思いついた
筋トレとランニングを始めました!

 

これで、1週間くらいしたら肩こりが治った!

 

なーんてことは、もちろんなくて、正直、筋トレやランニングを
始めたからといって、1カ月や2カ月で肩こりが解消されるってことは
なかったなあ〜と今では思います。

 

ただ、数年かけて体を作っていけば、健康にいいし、
なんか変わるかも、みたいな感じで楽観的に続けることにしました。

 

後々、実感したのですが、運動絡みで言うと、
単調な筋トレやランニングだけでなく、何かスポーツをすると
血流の流れが良くなって、スポーツ中や直後は、
肩の痛みを感じることはありませんでした。

 

しかも、楽しい!

 

大勢で集まれる機会が少ない社会人は、
難しいかもしれませんが、できるなら
何かスポーツをするといいかもしれませんね。

 

ちなみに、筆者の場合は、若い頃やっていた空手と
サッカーを運動がてら取り入れました。

 

誰でも始めに思いつくマッサージの効果は?

 

パソコンをカタカタしながら、肩が痛くなったら揉んだり、回したり、
私もみなさんと同じようにやってました。

 

また、ネットで調べて、肩に良い○○マッサージ!
なんちゃらをやっては、これいいな〜って始めるけど、
そういうのってマッサージ後10分も経てば、また痛くなる感じ。

 

結局、気休め程度にしかならないんですよね。

 

整体とかにいっても、2,3日はいいけど
通わなければ、また痛くなるし、、。
これは、長期的にみるとあまり期待できないかなあと思いました。

 

ちなみに、肩周りは少し強く揉んで短めの時間で、
マッサージした方がいいそうです。
コリっとしたところは分散させる感じで、、。

 

ちょっと文章だと分かりづらいかな。

 

湿布はどうやって使ったか?

 

筆者の自宅で使っている2種類の湿布を机の上に並べて撮影した写真。

 

肩こりに湿布って必需品ですよね。
ひどい人だと毎日貼っている人もいるのではないでしょうか?

 

ちなみに、肩が痛いからといって、毎日湿布を
貼るということは私はしませんでした。

 

基準としては、どうしても痛いときだけ。
筋肉痛は、ひどい時以外、貼らない。
なぜなら、筋肉の回復が遅れたり、超回復しにくくなるから。

 

これは、ほかの部位でも応用できます。

 

さらに、毎日貼ると皮膚によくないからです。

 

湿布は、麻酔みたいなものだと思うので、医者に言われない限り、
多用せず自分の治癒能力を高めました。

 

2番目に効果があったグッズ!

 

筆者が使っている青のピップマグネループEXを自宅の机の上に乗せて撮影した写真。

 

私がたまたま、プレゼントとして貰って
すごく効果があったのが、ピップマグネループ!

 

磁器によって、血流の流れを良くするみたいで、
使った結果、効果を実感したグッズの一つです。

 

このときのレビューは、

 

ピップマグネループとEX!私を含め12人が効果を実感!

 

という記事にまとめておきました。

 

もちろん、合わなかった人もいたので、気になった人はどうぞ。

 

1番効果があったのは寝具を変えたこと!

 

私たちって、睡眠を軽く見ているところがあって、
今日は、3時間しか寝てない!とか短眠時間を自慢したり、
2日間徹夜とか無理をすることもあります。

 

当然と言えば、当然なんですが、1日の疲れって寝るときにとれます。

 

逆に、肩が痛いまま、回復しなかったらどうなるでしょうか?
たしかに、睡眠をとれば、朝少しは楽になるかもしれません。
ところが、ちょっと作業をするとすぐに痛くなる、、。

 

これはどういうことでしょうか?

 

睡眠で、完全回復が100としたら、70くらいしか回復できない。
ひどい人になると50くらい。
これを、ずーっと繰り返してたら、、。
そりゃあ慢性化しますよね。

 

ちなみに、これは独自の理論ですが。

 

私は、雲のやすらぎという体の圧力を分散してくれる
敷布団に変えたことで、肩こりから朝起きた時の
ふくらはぎの痛みまで改善されました!

 

筆者の自宅の和室で撮影した体圧分散敷布団の雲の安らぎ。

 

敷布団の詳しい説明は、長くなるので、省きますが、、。
詳しく知りたい人は、公式ページに詳細に載ってるので確認できます。

 

雲のやすらぎの公式ページ

 

痛みがとれるとホント天国ですよ。
始めのほうは、朝起きるのがウキウキでした。

 

重要なのは、自分にあった対策を考えること!

 

私の場合は、片頭痛持ちで、頭から
肩が連動して痛くなるということも多々あります。

 

だけど、頭痛薬を安易に使うことはしていません。
詳しいことは忘れたけど、副作用で、若さを保つホルモンも止めて、
老化が早くなるということを書籍で読んだ覚えがあるからです。

 

もちろん、すぐに老化がすすむということでなくて、
紫外線を浴びると肌に悪いよ!程度だとは思いますが、、。

 

なので、これ以上痛くなったら頭痛がくるなみたいな感じで、
覚えておいて、作業中なら適度に休憩をはさんだり、
お酒を飲むのを控えたり、マッサージをする(私の場合は、
目からくる頭痛が多かったので、目のグッズをつかったり、
目に良いマッサージをしました)。

 

目の疲れを解消するグッズ

 

また、旅行先で長く歩いたり、立ち仕事をすると
ふくらはぎが痛くなって、頭痛になることもありました。

 

そういう時は、臨時に湿布を使ったり、足枕をして
リンパの流れを良くして、頭痛をひどくさせないように工夫しました。
そこから、くる肩こりも抑えるようになります。

 

足のむくみや疲れをとるグッズ

 

こんな感じで、自分の生活環境を分析して、
どこから肩こりがきているのか把握して
それを食い止める努力をするといいと思います。

 

結局、一日8〜10時間くらいパソコン作業をしている
筆者が、通常時に肩こりを感じなくなるまで、3年くらい
かかりましたが、上のことをコツコツおこなった結果だと思います。

 

やっぱり、一朝一夕では、慢性化した肩こりは
治らないっぽいですね。

 

同じ悩みの人は、今までお話ししたことを試してみてはいかがでしょうか。